ひどくならないと女性は受診せず、最悪の結果も

女性も相手からの感染後早ければ2日前後で、外陰部の痒みやオリモノの色やにおいの変化などが起こります。ただこれらに関しては比較的日常的に起こり易く、たとえば湿度や汗のかき方、そのほかの生理的サイクルでも出てくる症状なだけに軽視されがちで、受診せずに放置してしまうことも珍しくありません。ただし放置した結果感染が進み、子宮周囲の臓器や骨盤腹膜に炎症が及ぶと、最悪の場合不妊の原因になってしまうこともあり得ます。得体の知れない相手との性行為は避けるに越したことはありませんが、可能性があれば婦人科などを受診すべきでしょう。

hglkjfiaojjf.com